佐藤です。

佐-2.jpg

 氏   名     佐藤 利正(さとう としまさ)

          住宅工房なごみ二級建築士事務所 代表

 生年月日     昭和45(1970)年11月2日生まれ

 血液型       AB型   さそり座

 出   身     広島県福山市新市町(旧芦品郡新市町)

                         基本的に田舎生まれの田舎育ちです。

 趣   味     料理(人に振舞うほどではありません)

                         最近、うどんを打つようになりました。

                            美味しく打てるようになりましたよ!

             石釜でのピザ作りやダッヂオーブンの料理にも挑戦中です。

             食べること、旅行(温泉をからめたドライブ)、

             スノボー(この歳で挑戦中)

 好きな言葉     バランス 

 好きな食べ物    焼肉、ビール、広島風お好み焼、

             いまコーヒーにはまっています。

  好きな色       オレンジ色 

  家             族     妻、子ども3人(娘、娘、息子)、

           レン(ミニチュアシュナウザーとトイプードルのミックス犬) 

  そ  の  他    昭和45年11月、お隣広島県東部の芦品郡(現:福山市)新市町に

             長男として生まれました。

 

             小さいころから近所には女の子しかいなかったので、

            普通に女の子たちと『おままごと』をして遊んでいました。

             父親は長距離トラックのドライバーで、母親は専業主婦。

             初内孫で、とてもおばあちゃんに可愛がられました。

             そのため、おんびんたれ(小心者)の甘えん坊として育ち、

             いわゆる婆子に。

 

             基本的に子どもの頃からとても運動音痴です。

             小学生の頃、子ども会の夏休み早朝ソフトボールの練習が

             嫌で嫌でたまりませんでした。

             ゴロが来ればグローブより先に足を出して

              ボールを止める…。

             フライが来ればグローブでは無く顔面で受ける…。

             まるでドラえもんに出てくるのび太君のようでした。

 

             地元の中学校経て、当時の僕の学力では、おそらく無理だ

             と言われれていた広島県立神辺旭高等学校普通科に

             まぐれ?合格出来ました。

             喜んだのもつかの間、彼女も出来ず帰宅部で、

             思い描く青春時代とは、ほど遠い高校生活を過ごし、

             あっという間に大学受験を迎えました。

             高校卒業後、予備校に通い一浪して福山大学工学部

             建築学科をどうにか卒業しました。

 

             卒業して独身の頃はゼネコンの現場監督をしていました。

             仮囲いのある大規模の現場を眺めては、

             『俺もいつかこんなデカい現場の所長になるんだ』

             と心に思い描いていました。

             その後、ゼネコンに6年ほど勤めましたが、

             毎日朝早くから夜遅くまで仕事の日々で、

             現場と寮の往復のみでした。

             日曜日以外の休みはほとんど無く、

             僕にとってはとてもハードすぎて

             体調を崩してしまい、結局退職することになりました。

 

             退職時にはゼネコン時代に勤務地となった

             ここ岡山で出会った今の嫁さんと結婚していたのもあり、

             引き続き岡山で職を探すことにして、

             個人のリフォーム店に就職しました。

             5年ほどの間に、工事現場の中にいる職人さん

             だけではなく、お客様との対応の仕方を教わりました。

 

             社会人1年生の時からの夢だった

             『いつか独立をしてやる』と

             いう思いを胸に仕事を戴くための『営業』手法を

             ほとんど知らないまま、勢いだけで2004年12月に

             住宅工房なごみとして独立し開業しました。

             本業では食えずにバイトをしていた時もありましたが、

             経営の勉強をしたり、お客様、地域の方々、

             諸先輩方や仲間たち、また家族にとても助けられながら

             現在まで続けてこれています。

 

             タバコは2002年に辞めました。

             というか結婚して子どもが出来たので

             辞めさせられました。

             そのせい?で半年で20kgも激太り。また落ち着いて

             元の体重に戻るとタカをくくっていましたが、

             見事に痩せることなく80kg近いままに。

 

             2012年6月からダイエットを始め、

             DHCプロテインダイエットで、

             特に運動もせず2か月で約8sに成功。(74.6s⇒66.8s)

             2013年春ごろから油断したせいか、

             やや体重が戻って69kgになったので

             再びDHCプロテインダイエットで

             ダイエットを再開しました。

             結局断念し、現在の体重は70kgで安定?

 

             お酒は人並みに飲みます。強い方に入るらしいです。 

             基本的にビール党ですが、現在は焼酎を練習中です。

             といっても最近、どうやら練習期間は

             終了したみたいです(笑)。

 

             最近は珈琲にはまっています。

             以前は釣りにも行っていましたが、

             お遊び程度なので釣れるはずもなく

             子ども達には、『父ちゃんと行っても

             釣れんから行かん!』と言われ、

             ここ2年くらい行っていません。

 

             子どもと動物が好きです。どうぶつは犬が好きです。

             特にゴールデンレトリーバーのような

             大型犬が好きです。 

 

             2013年12月に、犬を飼い始めました。

             この春(2015年)にダッヂオーブンを買い込み、

             パンやシチューなどに挑戦中です。

             次は何を作ろうかな?

営業は大の苦手です!

今年の12月(2016年)が来たら独立開業して、丸12年が経過します。

ここまでやってきても、いわゆる『営業』は大の苦手です。

 

たまに予期せぬ問い合わせの電話を頂くと、

自分でも何を言っているか解からないくらいドキドキします

多分シドロモドロでは無いでしょうか。

 

自分でも『今まで良くやってこれたなあ』と感心してしまいます。

でもそれは自分の努力ではありません。

 

僕の周りには大勢の人がいます。

お客さん、職人さん、先輩、家族、友達等など。

こうした人たちに助けてもらいながらここまでこれました。

僕の周りにいる人たちに感謝で一杯です。

  

でも、ひとつだけ僕にあるとしたら

『お客さんに喜んでもらいたい』

『お客さんの笑顔が見たい』

そんな気持ちでしょうか。

 

お客さんと自分の気持ちには嘘を付きたくない

お客さんを裏切りたくない

お客さんをガッカリさせたくない

困っているお客さんをどうにか良い方向に導いてあげたい

常にこんな気持ちで対応しています。

 

お宅に伺うと僕が行くのを待っていたかのように

『これもって行き』と自分で丹精込めて造られた野菜を

いつもたくさん持たせてくださるお客さんのYさん。

 

伺う度にきつい言葉を頂くのですが

大抵ご飯をご馳走してくださるお客さんのOさん。

 

いつも何かと僕の仕事の心配をしてくださり

暇なときはいつでも手伝いにおいでと言ってくださる

協力業者のO会長。

 

僕のために梅酒を漬けて待っていてくださった

お客さんのKさん。

『なごみが潰れたら困る』とも言ってくださいました。

 

僕が訪問するのを楽しみにしてくださっているお客さんの

SさんとOさんとMさんとHさん。

『この家のことは、あんたに任せた!』と言ってくださる

お客さんのSさん。

 

『佐藤くんの頼みじゃから仕方がねえのう』といって

いつも無理を聞いてくださる協力業者のFさんやNさん。

 

困ったときに相談すると必ず何かヒントをくださる

先輩のS社長とHさん、OさんとY社長。

 

厳しいながらも経営のヒントをくださる

MさんとTさん、先輩のKさんとAさん、Nさん

 

何かと苦労をかけながらも陰ながら支えてくれているうちの嫁さん。

何か困ったことあったら言ってよと言ってくれる友人のH君。

 

他にもたくさんの方々に支えられてここまでやって来ました

その皆さんに分けていただいた『気持ち』を、

皆さんに返していこうと思っています

 

営業はとても苦手ですが、『気持ち』はたくさん抱えています。

この『気持ち』を皆さんに配って、プラスの和を作っていけたらと思っています。

皆さんに喜んでいただいて、『ありがとう』の言葉が僕の原動力です。

 

きっとお役に立ちます

でも、電話のお問い合わせでは上手く対応できなかったらスイマセン